【森山大道 Daido Moriyama】 1938年大阪生まれ。グラフィックデザイナーを経て、写真家 岩宮武二、細江英公のアシスタントを務め、1964年にフリーの写真家として独立。ハイコントラストや粗粒子の画面の作風は”アレ・ブレ・ボケ”と形容され写真界に衝撃を与えた。日本写真批評家協会新人賞(1967)、日本写真協会年度賞(1983)、毎日芸術賞(2003)、日本写真協会作家賞(2004)受賞。ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催するなど世界的評価も高く、2012年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。2012年、ウィリアム・クラインとの二人展「William Klein + Daido Moriyama」がロンドンのテート・モダンで開催され、2人の競演は世界を席巻した。2016年、パリ・カルティエ現代美術財団にて2度目の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。2018年、フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」が授与された。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。2020年東京都写真美術館にて「森山大道の東京ongoing」開催中。

森山大道写真財団:https://www.moriyamadaido.com

【フラワーマウンテン Flower MOUNTAIN】 シューズデザイナーの太田圭輔氏(北海道出身)とヤン・チャオ氏が2015年 に立ち上げたブランド。二人の手掛けるシューズは、自然の動植物から切り出 した情景をコンセプトにハンドメイドによる高度な技術を駆使して製作される、ひと 一際目を引く独創的なデザインが特徴。見た目もさることながら、街中やフェ スやキャンプなどのアウトドアシーンにもフィットする機能性と抜群の履き心 地を併せ持ち、世界のバイヤーから高い評価を集めている。ボール・ガース (中足趾節関節の回り寸法)を広めに取り、日本人の足にフィットするラストを 考案。足を柔らかく包み込むサケット(ボロネーゼ)製法を採用し、衝撃吸収 性と反発力に優れるアウトソールを組み合わせることで、抜群の安定感と歩き やすさ、そして履き心地の良さを実現している。 Flower MOUNTAIN :https://www.flower-mountain.co.jp

【ナインスラックス 9TH LUXURY】 東京都出身。ヨーロッパ、アメリカでのシューズバイヤーからキャリアをスタートし、独立後、数々のシューズブランドでデザイン、靴作成、アートワークに従事。

2019年から新たに<上下左右、垣根のない自由>というフィロソフィーの元、9TH LUX<ナインスラックス>として新たな活動をスタート。同時にFLOWER MOUNTAINのアドバイザーに就任しつつ、新たなデザインやアートワークの提案と作成に携わっている。

Flower MOUNTAIN All right reserved

​森山大道×フラワーマウンテン  コラボスニーカー特設サイト